• 無料相談のご案内

松村鍼灸整骨院

menu

BT療法に効果のある症状

  • 松村鍼灸整骨院 室町院

    松村鍼灸整骨院 室町院

    〒604-8175
    京都市中京区室町通御池下る
    円福寺町345 サウス御池3F
    (烏丸御池交差点から徒歩3分)

    【TEL】 075-212-4976

    【受付時間】

    松村鍼灸整骨院(室町院) 受付時間

    (日曜日・祝日・月曜日は休業)

【BT療法の適応症】
腰痛・肩こり・むちうち・寝違い・ギックリ腰・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・腱鞘炎・テニス肘・外反拇指・成長痛・五十肩・変形性膝関節症・O脚・正座ができない・水が溜まる・打撲・捻挫・突き指・耳鳴り・頭痛・偏頭痛・メニエル氏病・背部痛・眼精疲労・顎関節症・歯茎の腫れ・内科疾患による関連痛など

腰痛

腰痛の原因

腰痛が起こる原因は、「姿勢の悪さ」「激しい運動や労働」「老化によるもの」「内臓の病気」「精神的ストレス」「事故の後遺症」 など様々です。また、一言で腰痛といっても様々な状態がありますので、状態に合わせた的確な治療が大切になります。

筋膜性腰痛症とは・・・

最も多く見られる状態としては、筋・筋膜性の腰痛症です。
その中でも症状によって次の2つに大きく分類されます。

  • 急性腰痛症(筋膜性腰痛症)
    いわゆる、「ぎっくり腰」の症状です。
    突然の激しい痛みに襲われるため、ドイツ語で「魔女の一撃」とも呼ばれています。
  • 慢性腰痛症(筋膜性腰痛症)
    重く張ったようなだるい痛みが続き、慢性化した症状です。

これらは腰部に痛みがあるが、内臓疾患でもなく、レントゲン写真を撮っても異常が見られないものの総称です。
「中腰で物を持ち上げたり、急に立ち上がろうとした時に激痛が走る」「前にかがんだり長く座っていると痛む」「寒いところで仕事をした時痛む」などが一般的な症状です。また「不用意に体をひねる」「無理な姿勢や筋肉疲労」女性では「月経時に骨盤や背骨の靱帯が緩んでの腰痛」が起こるといった事もあるのです。

腰痛は放置しないで!

病気が原因として症状が現れている場合も考えられますので、治療を受ける事をおすすめ致します。
上記の他に、骨格の変化によって腰痛が現れている場合もあるので、注意しなければなりません。
シップを貼るだけで安静にしていたり、痛い部位だけをマッサージするだけでは、決して良くなることはありません。

その他代表的な状態は・・・

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板内部の髄核が飛び出してしまう事を言います。
しかし、椎間板が飛び出ているだけなら、大した問題になることはありません。問題なのは飛び出したものが神経を圧迫することにより、坐骨神経痛などの問題が生じている場合です。
重度になってしまうと当然手術をしなければならなくなってしまいます。

脊柱管狭窄症(腰部脊柱管狭窄症)

腰部の脊柱管が何らかの原因で狭くなり、脊柱管の中を通っている神経が圧迫されることによって腰痛や痺れをおこす病気です。若年から高齢まであらゆる年代で発症する可能性がありますが、50・60歳代~70歳代までの方々が多く発症する傾向にあります。
しばらく歩くとだんだん下肢が痺れたり・重くなったり・痛みが出たりして、歩くことが困難になります。しかし、腰掛けたり屈めたりして「しばらく休むとまた歩けるようになる」という「間欠跛行(かんけつはこう)」という状態が脊柱管狭窄症の症状の特徴です。

その他、脊椎分離症やすべり症といった状態もあるので、2・3日様子を見ても改善しない腰痛は、是非単なる筋肉疲労とあなどらないで治療を受けてください。 特に下記のような症状があれば注意してください。

  • 腰から足先にかけてしびれや痛みがある。
  • 筋力の低下がある。
  • せきやくしゃみでも激痛がおこる。
  • 脊髄神経(神経根)を圧迫するため、坐骨神経痛などの症状を引き起こしている。
  • 神経症状として排尿ができなくなる場合もある。

腰痛でお悩みのあなたへ

当院は平成4年に開院して以来、筋肉を原因とした腰痛から骨格の変形やゆがみ(椎間板ヘルニア・脊柱狭窄症etc)を原因とする腰痛まで、沢山の患者さんを治療させていただきました。
原因や状態をよく踏まえた上で的確な治療が必要となりますので、お気軽にご相談ください。

(室町院電話: 075-212-4976、西ノ京院電話: 075-821-6411)
ページTOPへ