• 無料相談のご案内

松村鍼灸整骨院

menu

BT療法に効果のある症状

  • 松村鍼灸整骨院 室町院

    松村鍼灸整骨院 室町院

    〒604-8175
    京都市中京区室町通御池下る
    円福寺町345 サウス御池3F
    (烏丸御池交差点から徒歩3分)

    【TEL】 075-212-4976

    【受付時間】

    松村鍼灸整骨院(室町院) 受付時間

    (日曜日・祝日・月曜日は休業)

【BT療法の適応症】
腰痛・肩こり・むちうち・寝違い・ギックリ腰・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・腱鞘炎・テニス肘・外反拇指・成長痛・五十肩・変形性膝関節症・O脚・正座ができない・水が溜まる・打撲・捻挫・突き指・耳鳴り・頭痛・偏頭痛・メニエル氏病・背部痛・眼精疲労・顎関節症・歯茎の腫れ・内科疾患による関連痛など

関節痛

関節痛の原因

関節痛とは体を動かす「関節」におこる痛みのことです。関節痛をひきおこす病気はたくさんありますが、最も多いのが変形性関節症といって、年齢とともに関節の軟骨がすり減り、痛みが生じてきます。体重をかけたり動かしたりすると痛くなるのが特徴ですが、ひどくなると安静時にも痛みが現れ、場合によっては関節の中に水が溜まることがあります。
関節は「関節包」という袋に覆われており、この関節包は、「滑膜」と言う膜で出来ていて「滑液」という関節を滑らかに動かすための潤滑油に満たされています。「水が溜まる」というのは、この滑液が多くなってしまっている状態なのです。
また骨と骨の間には関節軟骨がありますが、関節軟骨には血管や神経は通っておらず、修復や再生がほとんどされないとても弱い部分なので老化の影響が大きく、年をとるにつれて関節軟骨は大きく変化していくのです。長年に渡って関節が使われ骨がぶつかり合うことで、軟骨がすりへりクッションが古くなり弾力もなくなります。多くの関節を動かした時の痛みは、この軟骨部分の変化が原因になっています。
関節の変形や軟骨が磨り減ってしまう原因には、重心のアンバランスによって異常な荷重が関節にかかることがあげられています。過酷なストレスが、異常な侵食と増殖を引起し関節の変形が進行するのです。
重心のアンバランスは、全身の筋肉の協調性(バランス)が悪くなってしまうことが原因です。的確な筋肉の調整がとても重要になっています。痛い部分だけをマッサージするだけではな決してよくなりません。

関節痛との付き合い方

関節痛の予防や改善のためには、筋肉を的確に治療しなければなりません。
軟骨のクッション部分には軟骨細胞が存在し、酸素と適度な運動刺激によってプロテオグリカンという軟骨成分を作っているので、まず筋肉を柔軟に保ち血行を良くすることはとても重要です。
違和感や痛みを感じたら、直ぐにご相談ください。
また、水が溜まったり変形がすすんだ状態であっても、決して諦めずに治療を受けてください。
一度変形した関節は元の状態には戻りにくいですが、その時点からさらに変形することは防ぐことができます。適切に治療して筋肉のバランスを整えると、日常生活レベルであれば痛みなく過ごしていただけるようにもなります。

(室町院電話: 075-212-4976、西ノ京院電話: 075-821-6411)
ページTOPへ