• 無料相談のご案内

松村鍼灸整骨院

menu

BT療法に効果のある症状

  • 松村鍼灸整骨院 室町院

    松村鍼灸整骨院 室町院

    〒604-8175
    京都市中京区室町通御池下る
    円福寺町345 サウス御池3F
    (烏丸御池交差点から徒歩3分)

    【TEL】 075-212-4976

    【受付時間】

    松村鍼灸整骨院(室町院) 受付時間

    (日曜日・祝日・月曜日は休業)

【BT療法の適応症】
腰痛・肩こり・むちうち・寝違い・ギックリ腰・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・腱鞘炎・テニス肘・外反拇指・成長痛・五十肩・変形性膝関節症・O脚・正座ができない・水が溜まる・打撲・捻挫・突き指・耳鳴り・頭痛・偏頭痛・メニエル氏病・背部痛・眼精疲労・顎関節症・歯茎の腫れ・内科疾患による関連痛など

膝関節痛

膝関節痛の原因

膝関節には、平地を歩いているときでも体重の約3倍、走っているときには約10倍、階段の上がり下がりでは約7倍の荷重がかかっています。
このように膝関節には、大きな衝撃が加わるため、障害が発生しやすいのです。
原因として老化の他に肥満・スポーツ障害・偏平足・O脚・外反母趾・重労働・半月板及び靭帯の損傷・骨折後の変形などがあげられます。

変形性膝関節症とは

膝痛を訴えている人のうち、半数以上が変形性膝関節症です。特に40才以上の中高年の人が多く、圧倒的に女性に多いのが特徴です。
変形性膝関節症では、通常関節の表面は弾力性に富んだ組織から成る軟骨で覆われており、衝撃を和らげるクッションの役割を果たし、関節の動きを滑らかにしたりしますが、加齢による関節の老化や代謝の低下で骨と骨の隙間がだんだん狭くなり、やがては骨と骨がこすれ合うようになります。関節軟骨には神経がないので摩擦による痛みはありませんが、周りの組織(靱帯や関節包)が次第に刺激され炎症を起こす結果、痛みが起こるのです。
ひどくなると安静時にも痛むようになり、炎症症状として関節のなかに水がたまることがあります。
変形が進行し、症状が強くなっていく原因として、重心のアンバランスによって異常な荷重が関節にかかることがあげられています。過剰な関節へのストレスが異常な侵食と増殖を引起し、関節の変形が進行するのです。
重心のアンバランスは、全身の筋肉の協調性(バランス)が悪くなっていくことが原因です。
したがって、関節痛の予防や改善のためには、筋肉を的確に治療しなければならないのです。
痛い部分だけをマッサージしたり湿布をしているだけでは、なかなか良くなりません。

膝関節痛でお悩みのあなたへ

程度が強くなると正座ができなくなったりと機能障害が残ってしまいますので、膝に違和感や痛みを感じたら、直ぐにご相談ください。
また、水が溜まったり変形がすすんだ状態であっても、決して諦めずに治療を受けてください。
一度変形した関節は元の状態には戻りにくいのですが、その時点からさらに変形することは防ぐことができます。適切に治療して筋肉のバランスを整えると、日常生活レベルであれば痛みなく過ごしていただけるようにもなります。

(室町院電話: 075-212-4976、西ノ京院電話: 075-821-6411)
ページTOPへ