• 無料相談のご案内

松村鍼灸整骨院

menu

BT療法に効果のある症状

  • 松村鍼灸整骨院 室町院

    松村鍼灸整骨院 室町院

    〒604-8175
    京都市中京区室町通御池下る
    円福寺町345 サウス御池3F
    (烏丸御池交差点から徒歩3分)

    【TEL】 075-212-4976

    【受付時間】

    松村鍼灸整骨院(室町院) 受付時間

    (日曜日・祝日・月曜日は休業)

【BT療法の適応症】
腰痛・肩こり・むちうち・寝違い・ギックリ腰・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・腱鞘炎・テニス肘・外反拇指・成長痛・五十肩・変形性膝関節症・O脚・正座ができない・水が溜まる・打撲・捻挫・突き指・耳鳴り・頭痛・偏頭痛・メニエル氏病・背部痛・眼精疲労・顎関節症・歯茎の腫れ・内科疾患による関連痛など

元気な毎日のために! 生活習慣と環境の改善!

元気な毎日を送るために、生活習慣の見直しも重要なポイントの一つです。あなた自身の生活習慣や生活環境の中に、肩こりや腰痛を引き起こす大きな要因が潜んでいる可能性が多いのです。この場合の予防・解消法には、日ごろから「適度にカラダ全体の筋肉を使う習慣」と「正しい姿勢」を意識して生活することが重要なポイントとなります。
例えば「肩こりの人」と「肩のこらない人」を比べると、肩こりの人の多くは肩のこらない人に比べ、日常生活の中に「肩こりを引き起こす要因」が潜んでいると考えられます。
いくら治療を施しても、元となる要因(生活習慣・生活環境)を改善しなければ、肩こりを一時的に解消できたとしても同じことの繰り返しになる可能性が高くなります。
「原因がわからない??・・・」というような体の不調は、意外に日常当たり前に行っている体の使い方や管理の仕方に問題があるのかもしれません。

できることからはじめよう!

治療を進めると同時に、根本的な解消のために「あなた自身でできること」として「日常生活を見直してみる」ことから一緒にはじめてみてみましょう。
例えば急性期や痛みがひどい場合には注意が必要ですが、慢性的な痛みの解消法としては、患部を温める方法が効果的です。これはこった部分を温めることにより、血管が広くなり、血流が良くなるからです。 特に寒い時期やエアコンのクーラーが効いた部屋にいる時などは、カラダが冷えることによって、筋肉が硬直し血流が悪くなるので、特に体を温めることを心がけて下さい。慢性的な痛みの解消に役立ちます。

予防と解消には「睡眠」

次に予防・解消法の中で「疲労を溜めない」という重要なポイントがあります。この「疲労を溜めない」と言う点で重要な役割を担うのが「睡眠」です。
体は睡眠中、特に前日の疲れを癒したり、体を修復したりしているので、睡眠の絶対時間を普段よりもしっかりととるようにしてください。

ここでは、自分に合った正しい寝具(布団・枕)の選び方について説明したします。 「布団の固さ」 と 「枕の高さ」に気をつけてください。
大半の方は使い慣れている布団や枕をずっと使われているのではないでしょうか? しかし、いくら使い慣れた布団や枕でも、首や肩こりを悪化させる可能性が潜んでいます。「朝起きたとき、なんとなくカラダ全体がだるい」「寝ても疲れがとれない」「しょっちゅう寝違えをおこす」など、このような点に心あたりのある方は布団や枕に問題があるのかもしれません。
以下の「布団の硬さ」「枕の高さ」の選ぶポイントを参考に、睡眠環境について見直してみることをおすすめいたします。

体に良い「布団」とは?

肩こりに限らず良い布団やベッドを選ぶ基準は、硬すぎずやわらかすぎず適度な硬さのものを選ぶことです。
やわらかすぎる布団やベッドは、背中やお尻の重い部分だけが必要以上に沈み込むため、腰の反りが強くなり、首から腰にかけての各部位に悪影響を及ぼし、寝返りが自然にうちにくいため良くないのです。
やわらかすぎる布団やベッドは控えてください!
逆に硬すぎる布団やベッドの場合、腰が浮き上がってしまう状態になり、こちらも腰が不自然に反ってしまいます。硬すぎる布団やベッドも控えてください!
「適度な硬さ」と言われても、なかなかピンとこないでしょうが、具体的な数字の目安として仰向けに寝たときに、腰周辺が3センチ程度沈み込むものを選ぶと良いようです。

良い「枕の高さ」とは?

枕を選ぶときのポイントは、頸椎(首の骨)が、自然なカーブを描けるかが重要で「高さ」がポイントになります。
具体的には、頸椎(首の骨)をやや前かがみの姿勢に保つよう、成人の場合「高さは、5~7センチ」 頭部の重みを適切に支える「やや硬め」のものを選ぶと良いでしょう。
又、眠る姿勢がいつも横向きの方は、やや高め(15センチ)くらいの枕が良いようです。
しかし、疲れの程度によって寝やすい高さは変わりますので、タオルやバスタオルなどを使って寝心地の良い高さをその都度探してみてください。

(室町院電話: 075-212-4976、西ノ京院電話: 075-821-6411)
ページTOPへ